杉田氏による野鳥目録その3 (2003年)


種類 03
01
12
03
02
09
※1
03
03
09
※3
03
04
15
※4
03
04
27
※5
13
05
01
※6
03
05
12
03
06
09
03
07
14
03
10
12
03
11
12
03
12
14
1
カイツフリ
2 カンムリカイツブリ 2 1 4 4 11 5
3 ハジロカイツブリ 12 27+1 20 5 10
4 カワウ 6 22 9 59 64+ 60+ 136 8 46 37+
5 ゴイサギ
6 アオサギ 4 7 4 3 8 7
7 ダイサギ 4 2
8 コサギ 1 1 1
9 オカヨシガモ 166 120+ 110 45 1 1 70+ 95
10 マガモ 2 2hb 2hb 2hb 2hb 2hb 1
11 カルガモ 6 2 8 3 2 6※9 2 7 21
12 コガモ 65 85 186 102 64 205 153
13 ヨシガモ
14 ヒドリガモ 252 217 242 366 6 2 2 53 176 163
15 オナガガモ 265 124 102 2 68 143
16 ハシビロガモ 6 12 23 7
17 ホシハジロガモ 1547 806 735 9 5 5 3 3 293+ 736+
18 キンクロハジロ 6 4 4 2 2 3 2 3 5 10
19 スズガモ 701 2 2 2 4 4 3 5 328 300+
20 クロガモ 1 1 1 1 1 1 1 1 1
21 ウミアイサ 1 3 2 5 2 1 3
22 トビ 1
23 ミサゴ 1 1
24 バン
25 コチドリ 2 2 3 1 2 1
26 イカルチドリ
27 シロチドリ ・・ 29 13 5
28 メダイチドリ
29 ムナグロ
30 ダイセン 10 3 6 7
31 キョウジョシギ 6 1
32 トウネン 1 10 9
33 ハマシギ 102 215 270+ 5 30
34 オバシギ
35 アオアシシギ
36 クサシギ
37 イソシギ 2 2 2 1 2 1
38 キアシシギ 4 13
39 オオソリアシシギ 6 11 18 7 1
40 チュウシャクシギ 1 7 8 5 2
41 ユリカモメ 33 41 191 110+ 62+ 1 56 36 28
42 セグロカモメ 4 3 28 4 2 1 43 55
43 カモメ 1 1 13
44 ウミネコ 2 1 26 20 10
45 コアジサシ 117+
46 キジバト 1
47 ドバト
48 カワセミ
49 ツバメ 2 6 1 4
50 コシアカツバメ 1
51 ハクセキレイ 2 1 5 1 1 1 2 2 1
52 セグロセキレイ
53 ヒヨドリ 2 1 2 2
54 イソヒヨドリ 1 1 1
55 カワラヒワ 1 2 2
56 スズメ 40 50 100 20+ 10+ 5 36 16 30
57 ムクドリ 50 3 8 2 1 6 20
58 ハシボソカラス 2
59 ハシブトカラス 1 2 3 1 1 1 5 5 2
60 ツグミ 3 5
61 モズ 1 1
62 ウグイス 1
63 オシドリ
64 ホオジロガモ 5 5 2
65 ソリハシシギ
66 ササゴイ 1 1
67 ジョウビタキ 2
68 ツクシガモ(03)1 6 4
69 ハヤブサ 1  ・ 1
70 メジロ 10 ・・
71 キセキレイ 1
72 ヒバリ 1 1
73 アジサシ T※8 1

※1ツクシガモ  
  浜甲子園干潟への飛来は珍しい
 1月8日、神戸新聞は「渡りのルートに変化?」という見出しで、加古郡稲美町にツクシガモやセイタカシギやトモエガモのなどの”珍鳥”が飛来した、と報じていました。 追記・・矢倉干潟、尼崎埋立地、大阪南港野鳥園など関西の各地で飛来が報告されました。これについて諫早湾等の環境悪化とか渡りの時期に気温が高かった諸説     真意は・・・

※2観察(15:45〜17:20曇り時々晴れ気温12℃※3

※3観察(16:00〜17:40)

* シロチドリ一羽にフラッグあり。(左脚 ふしょう側 にオレンジ、脛側に青。右脚にリング。)  
*トウネン一羽確認。  
*17:26分、突然ハヤブサの襲撃あり、狩りには失敗、犠牲無し。  
*キセキレイ、珍しく出現。
一羽にフラッグあり左脚、脚=青、足首=オレンジ

※8成鳥夏羽

※9 6月2日4羽ヒナを引き連れたカルガモを見ました。