84110

                       

           
              
アオイトトンボ


アオイトトンボの産卵

アオイトトンボのヤゴ
神戸市北区の小さなため池で採集しました。美しく咲いた睡蓮の葉裏にはアメリカザニガニが見え隠れしています。
悪臭だだよう泥池です。
網で掬うとアメリカザニガとタニシばかりです。池の底は硫化鉄で真っ黒です。
  その中から、泥で真っ黒になったアオイトトンボのヤゴ幼虫4匹を持ち帰り、綺麗な水の容器に移すとミドリの美しい幼虫に変わりました。

     横から見たところ
長い顎と尾の3個の文様が特徴 
    上から見たところ
5o方眼です。

14年7月4日、目出度く羽化しました。


近くの公園の池で放しました。
早速、トンネルをくぐって六甲山の北側、アオイトトンボのいる池に解放しに行きました。
久しぶりのこの池は、ちょっと殺風景な池になっていました。
写真ではっきりしていませんが、おとこの子です。

秋には意気投合した彼女と連結し、産卵するというい優雅な姿を見せてくれるでしょう。 
楽しみに10月頃でかけてみたいものです。

                       
             









宝島池で初のアオイトトンボ 17.10.10

 9日、宝島池の睡蓮の広がる傍の鉄柵に、羽を休めるアオイトトンボが目に入りました。
もう間もなく産卵期にはいるのでしょうか?

 池は一面睡蓮の葉で覆われてしまって、アオイトトンボがよく休憩する
ガマやヨシといった背の高い植物は見当たりません。













                               ホームへ   トンボ目録