8140

                       

    カゲロウ・カワゲラト・ビケラ ・トンボ 以外の水生昆虫          

アミカの幼虫 2013.3.31  住吉川
 早瀬の中で、20p大の平たい石を持ちあげたところ、その裏側にいました。
図鑑ではよく見ていましたが、10年以上も川遊びをしていて初めて目にしたものですからすっかり興奮してしまいました。
 ドキドキしながらカメラを向けた結果、背中側から撮っただけで満足してしまい、腹側から撮るのをすっかり忘れていました。 
腹部には丸い吸盤があって、石にくっついて流されないようになっているそうです。 大きさは8o位でした。
 
ガガンボ 
ゲンジボタル

コオイムシの飛来 (11月7日)  NO、7612012仁川
 10月26日 ポチの散歩に出かけ、シャッターを開けると足下にアブラムシ?と思いきや、「コオイムシ」が!
すぐ、メダカを飼っている容器に移して散歩に出かけました。が、帰ってみると同居中のサカマキガイをたべています。 
 元気!
 仁川に放してやろうと思いましたが、メダカの容器蓋がないので、自由気ままに飛び立っていくだろうと思ってほっておくことにしました。
 我が家にコオイムシがやって来たのは2度目。前回はメダカの飼育容器に勝手にはいっていました。
 (画像はこの時のものです

 
ナベブタムシ(09’9月30日)
 26日 兵庫自然観察連絡会が行った「仁川の生きもの調査」に参加しました。
 多くの人が作業すれば、それだけ多くの生物も見つかり、あれやこれや意見も飛び出し、楽しい観察会となりました。

 確認されたいきもの 
A点・・・ 私がいつもで行く場所
 @ヒラタドロムシ   Aダビドサナエ   Bコヤマトンボ
 Cオニヤンマ   Dシオカラトンボ   Eクロモンエグリトビケラ   Fカワムツ  Gミズムシ  Hシロタニガワカゲロウ   Iヒル  Jドンコ  Kカワヨシノボリ   Lニンギョウトビケラ
B点・・・ A点より50b上流
@ダビドサナエ   Aコヤマトンボ   Bオジロサナエ  Cコオニヤンマ  Dヒラタドロムシ   Eカワヨシノボリ   Fヨシノボリ  Gナベブタムシ

ーーナベブタムシ(画像)ーー

@体長9oくらい。 円形で平たい。長い後ろ肢脚を使い巧みに泳ぎ回る。
A体表は、黄褐色と黒褐色のまだら模様で、砂地の川底とよく似ていて見つけにくい。(川底が砂になったとこ ろに生育している)
B生息場所は局所的で、その部分では多くが群がっている。 今回、B点では見つけられたがA点ではまった く見つけられなかった。

ブユの幼虫  13.1 
レゼイナガレトビケラと同じ平たい石の底にいたものです。
単独でたのは見たことはありますが、30匹以上もの集団で、しかも黒いイト状ものに絡まっのものに絡んでいるのを見たのはは初めてです。 
 画像で、その絡まっているイト状のものを紹介出来なかったのが残念です。 
 これは、幼虫の時期だけの状態でしょうか?外敵から身を守るための手段でしょうか?
 





左側の一匹はウズムシ(プラナリヤ)
ヘビトンボ   2013.12.15
 
「確認できた川」 仁川・住吉川 
 「
形態」
      ・体長60o  一見ムカデのようですが、脚は3対(6本)で昆虫の仲間です。(画像上)
      ・腹部の脚状のものは
エラの一部です 
     ・腹側からエラをみたのが画像下の映像ですが、拡大された右の画像を見ると、一定のリズムで開いたり閉じたり      していることに気づきました。    
       
    上・・・ 背側    下・・・腹側      エラの拡大
  「生態」
     ・ きれいな水の指標生物  
     ・上流および中流の転石の下や、流れに堰き止められた木の葉の堆積したところなどでよく見つかります。
        ・3年目の夏に蛹、成虫になります。     
     
ヒラタドロムシの幼虫
  
 大きさ10oくらい。
上流域から下流域にかけて、流れの
速いところの転石などで見られる。

 一見、固着しているようですが、
じっくりみていると、移動するのがわ
かります。

    
       背側
背側からでは昆虫の仲間とは思
えません。
         腹側
上が頭、→の先が前脚・中脚・後脚で
昆虫であることがわかります。

マルガムシ(成虫) 14.01.25 住吉川
体長  6o
 背面  黒の縦縞
幼虫  仁川
                                       

  








ンキマメゲンゴロウ  仁川
真冬の1月26日成虫を採集。成虫で越冬?20年位前は網でひと掬いすると10匹以上の採れましたが最近めっきり少なくなってしまいました。


左の画像は07年1月に撮ったものです。一般には成虫はホタルのように6月になって現れますがどういうことなのでしょう
 



 





                       


                            
                                  
 

                                         ホームヘ