カワゲラ(1 大型)

 

その1大型(このページ)・・・
その2・・・

                                            


ヤマトカワゲラ
2010.4.25  芦屋川

                                                        

ウエノカワゲラ 2011・11.30  住吉川

                           幼  虫
背 側                  腹面

体長20o

頭部に淡いMの文様が


前胸部・中胸部・後胸部
に房状のエラ

肛門にエラがない
                      成  虫

背 側

幼虫の頭部は文様がないのに
成虫になると別種ように黒く変化
します

腹 側
 

キベリトウゴウカワゲラ 2011.6.10
 31日 今月3回目の仁川詣でをしました。 川虫たちの羽化の季節なので欲張ってみました。
川の縁の草の葉にとまっているカワゲラ(下の画像)を見つけました。 初対面です。
ネットで調べると「キベリトウゴウカワゲラ」のようです。漢字で「黄縁東郷川螻蛄」と表記されています。なるほど字のとおり羽のへりは黄色いです。
カタカナ表記よりも漢字表記の方がイイナと思うのは私だけでしょうか・・・。

        キベリトウゴウカワゲラの幼虫2011.11.30 住吉川

フタツメカワゲラ 

胸の下。肛門に房状のエラを
もつ
名前のとおり
目が2こ

実物大(約20o)


物大約20o




分解した木の葉が堆積したと
ころでよく見つかる

もっともポッピラー



成虫
頭部の逆三角形の黒い紋

 オオヤマカワゲラ    12.5.26             
            ・この個体は左の前脚と右中脚がありません!!
            ・西郷隆盛の従兄弟の陸軍総司令官・大山巌にちなんでつけらただけあって
             最大級のカワゲラでたくましい体つきです。
            ・雄の成虫は、静止時に腹部を上下に振動させ、葉や小枝をたたき「トトト・・・」と
             連続音をだすそうです。 
             再び出会ったときは是非確かめたいと思います。それにしても先人の観察力には頭が下が

 

                                          ホームへ